山内陽一朗 1985 9/16
北海道札幌市出身

音楽一家ではなかったが姉がピアノを習っていたのもあり意思とは関係なく気づけば4歳くらいからピアノを習っていた。

どちらかと言うと大人しめで、競争や戦いごっこ、ボール遊びなどの男の子らしい遊びは積極的に避けていた。

今で言う陰キャ寄り。

幼稚園の頃好きだったものは電車。

年長になった時に札幌の中心街から郊外の田舎へ移り住んだ。

とても自然豊で山に囲まれた環境が影響してか山や自然に興味を持つ。

小学生時代、きっかけは思い出せないが北海道の美しき山々に惹かれ小学生では読むことのないような登山ガイドや地図帳を愛読していた。

小学2年の頃には北海道内の主要な山の高さや形はほとんどインプットされると言う無駄な特技を持つこととなる。

同じ頃1993年の釧路沖地震で札幌で体験した震度3の地震、この恐怖体験がのちに興味に変わり地震や火山に関する本や新聞記事を集めるのが日課となっていた。ちなみに大人になった今でも変わらない。

親父はバレーボールをやっていたり消防士だったこともありスポーツマンシップにあふれていたがその血は全く受け継がれず運動音痴。体育の授業は憂鬱だった。

かといって勉強もできるわけでもなく、ただただ地味な小学生時代。

テレビゲームや漫画はほんのかじる程度。

客観的に見ると変わった少年だったのかもしれない。

小学6年になるまでピアノを習ってはいたがやはり興味を持てなかったため全く弾けないままレッスンを受け続けていた。当時の先生や親には申し訳ない気持ちである。

ただ唯一習ってて良かったことは絶対音感を身につけていたこと。

のんびりとした少年時代を過ごしていた小学4年生のある時期、

2歳上の姉がB`zのファンになり、それに影響され山内少年も一緒になってB`zの音楽に魅了された。

ある日当時では珍しいVHSのB`zのライブビデオを姉が友人から借りてきた。それを観た山内少年は衝撃を受けた。

サポートの外国人ドラマー (デニーフォンハイザー氏)に釘付けになり

おそらくこれがドラムに興味を持った瞬間である。

楽器屋に連れて行ってもらってはカタログをもらい家で眺めて夢を抱く日々。ドラムに対する思いがますます熱く燃えたぎる小学5年のお正月、お年玉で当時流行していた任天堂64を買おうか、ドラムセット風のゴムの練習代(19800円くらい)のを買うかの選択に迫られた。

しかし心は決まっていた。

お年玉を握りしめ、今はなき狸小路のキクヤ楽器で練習台を購入。

こうしてドラムに触れることとなる。

毎日遊ぶように好きな曲をかけながら本人になりきって叩くのが楽しかった。

家族にとっては迷惑だとは思うが。。

中学生になった山内少年は自らの意思でドラムを習いたい、と母に申し出た。そして今は無き中島公園のYAMAHA札幌ビルに通い始める。

4年間グループレッスンを受け、2年ほどでテキストが終わり

そこからはTOTO,ブレッカーブラザーズなどの曲を耳コピして練習して実演するというレッスンをしたことで、それまで聴いていたjーpopとは一味違う大人な音楽に触れることとなる。

中学2年の時同じクラスの仲間でバンドをやるようになり『鮭ロック』と言うバンドを組み始める。

そのタイミングで親にねだって電子ドラムを買ってもらいドラムへの情熱が加速する。

週末は自宅に集まりセッションをすると言う日々が続いた。

 

高校生になり仲の良かった友人達や『鮭ロック』のメンバーはそれぞれ違う高校に行くことになり会う回数も少なくなったが、タイミングが合えば山内家の僕の部屋で集まり近所迷惑御免で音を描き鳴らし続けていた。

 

同時に同じ高校の友人と新たにバンドをやり始めたのは高校2年の時。

そのバンドでついにライブが決定してしまったのだ。

ドラマーとしては人生初ステージ。

この頃も性格は大人しく人見知りで人前で何かを披露するなんてのが一番嫌いだったこの頃。緊張もピーク。

場所はこれも今はなき`遊音`というライブハウス 。

同じ高校の仲間と組んだ3ピースバンド。

ハイスタ、ルナシーなどのコピーバンドだった。

客がヤンキーしかおらず内気な僕は早く帰りたい一心だった。

死ぬほど緊張したw

終演後、放心状態だった自分に客席でうんこず座りしていたヤンキーが、

『ドラムめちゃカッコよかったっすよ』と声をかけてくれた。

ヤンキーが言うと妙に本音な気がして、ちょっぴり嬉しかった。

元々自己肯定感が低いため、何をやっても投げやりでどうせ俺なんて精神が拭えなかった学生時代。

勉強も運動もできるでもなく生きる上での自信が常にない、

ただドラムが演奏できることが唯一自分で自分を認められる特技。

特技を人前で披露し人から褒められる。初めての経験。

ステージで演奏することの快感を感じた瞬間だった、、

もしかするとこの時に音楽への道を意識するようになったのかもしれない。

 

 

2001年当時はミクスチャーロックやパンクバンド、オルタナ系のバンドが全盛期

当時コピーしていたバンドといえば レッチリ,rage against the machine,Korn,​linpbizkit,offspring,system of a down,oasis,ハイスタ,BRAHMAN,オフスプリング、グリーンデイなど

同時に僕自身はJAZZ FUSION系の音楽にとても興味を意抱いていた。

きっかけはRuss millerと言うLAのスタジオドラマーのクリニックを見たことだった。今まで見たことのなかったテクニックやグルーブ感に衝撃を受けた。

高2からの2年間jazzdrumを北海道の重鎮ドラマーの大山淳氏に師事。 

いつかジャズやフュージョンをバンドでやってみたいと心に抱きながら色々なCDを買い漁っては聴きまくる日々。

高校2年の終わり頃『鮭ロック』としての初めてのライブをすることとなるのだが、この日に新たな出会いがあった。

場所は今は無きクラップスホール。

バンドのべーシストが当時ジャコパストリアスやビクターウッデンなどに興味を持っていたため楽屋でウッテンやジャコの話をしていると、対バン相手のドラマーが『俺もそのベーシスト好きなやつ知ってるよ!』と話しかけてきた。彼は同い年で既にフュージョンのバンドを組んでいた。

しばらくするとそのベーシストが楽屋に来て、『ウッデン好きなやつ誰!?』と興奮気味に入ってきた。

あれよあれよと仲良くなり、今度セッションしようぜ、と言うことになり

一緒に芸術の森のスタジオにでセッションすることとなった。

この時`うちの学校にすげーギタリストいるから連れていく`と彼らが紹介してくれた。彼らは双子でなんと両人ともバリバリに弾けるギタリスト。それでいて凄いテクニックを持っているベーシストとドラマー。彼らとのセッションはとても刺激的だった。

同い年でjazzやFUSIONを弾ける仲間に初めて出会い唖然とする自分。

間違いなくこの時の出会いが上京しようか悩んでいた自分の背中を大きく押した出来事だったと思う。

高2くらいからスタジオミュージシャンやハイブリッドなテクニックを持ったドラマーに憧れを抱いていた、特にvinnie colaiuta,steve gadd ,dennis chambers ,Tony williams,buddy rich,山木秀夫、青山純、村上ポンタ秀一など、彼らが出ているDVD、VHSは毎日見ていた。

彼らに共通するjazzと言うジャンルがキーワードになってる気がして、jazzを知ることで何かつかめるのではないか、と言う漠然とした考えで洗足学園音楽大学jazz科の入学を決意。

 

そして2004年高校卒業と共に上京。

洗足学園音楽大学jazz科に入学。ドラムを大坂昌彦氏に師事。

在学中は様々なバンドで活動をしながらセッション、練習に明け暮れた。
 

 

大学卒業間近の2008年3月にフリューゲルホーン&ボーカリストのTokuのレギュラーバンドの加入をきっかけにプロ活動を開始。

2008年6月  Tokuのツアーに参加

2009年8月  Audi MUSIC meets ART 2009に出演

2010年10月 アコーディオニストのCobaのイタリアツアーに参加。

​       Richard guallianoなどと共演。

2011年5月  ギターリストのAllen Hindsのツアーに菰口雄矢、白井アキト、                   森岡克二とのバンド”Voice Pics”のメンバーととに参加。                    9月   夏木マリと斎藤ノブからなる"GIBIE DU MARI”に加入

     11月   櫻井哲夫&本田雅人バースデーツアーに参加

2012年5月 夏木マリ60ロクマルライブに参加。

   11月   櫻井哲夫&本田雅人バースデーツアーに参加。

2013年4月   米倉利紀ツアーに参加。

     7月   FUJI ROCK fesにGIBIE DU MARI"で出演。

           8月   西田ひかるツアー参加。

         10月 米倉利紀cafeツアー参加。 

2014年2月 米倉利紀ツアー参加。 

           6月   one of love プロジェクトGIG vol5に参加

​       7月   SAPPORO CITY JAZZに夏木マリバンドで出演

           9月   SUNSET LIVE2014に夏木マリバンドで出演

     12月   広沢タダシツアー参加

2015年2月 三浦祐太朗ツアーに参加 

     4月   夏木マリ初のツアー”Magical meeting tour2015”に参加

     6月   one of love プロジェクトGIG vol6に参加

1             8月 Rising sun rock fesに夏木マリバンド出演

         10月 米倉利紀cafeツアー参加。 

            12月 Cobaフランス公演に出演

2016年3月 米倉利紀ツアー参加 

           6月   one of love プロジェクトGIG vol7に参加

           4月 夏木マリツアー”Magical meeting tour2016”に参加

2017年1月 夏木マリ”MARI DE MODE” BLUE NOTE TOKYOに参加

    3月 米倉利紀ツアー参加

           6月 one of love プロジェクトGIG vol8に参加

           4月 夏木マリツアー”Magical meeting tour2017”に参。

     8月   Rising Sun Rock fesに夏木マリバンドで出演

2018年4月 夏木マリ”MARI DE MODE volL2” に参加

     6月 one of love プロジェクトGIG vol9に参加

           8月 米倉利紀STANDARDツアー参加

     8月   HARUMI &サカタケントツアー参加

     9月   SHIHOバンドで中洲JAZZ出演

     10月   米倉利紀cafeツアー参加

2019年1月 夏木マリ”MARI DE MODE volL3” に参加  

           6月 one of love プロジェクトGIG vol10に参加 

​               3月 米倉利紀ツアー参加

         11月 chage上海公演に参加 

 

ライブ ツアー レコーディングを中心に、POPS JAZZ ROCK プログレ シャンソン 演歌などジャンルを跨いで活動を続けている。

2019年から放送のBS-TBSにて月に一度放送されている由紀さおりさん三山ひろしさん司会の番組『うた恋音楽会!』で園田涼率いるホストバンドとして出演中。

 

主な共演者

夏木マリ、米倉利紀、Coba、KinKi Kids、三浦祐太朗、広沢タダシ、SKY-HI(AAA)、AKIHIDE(BREAKERS)、中川晃教、Toku、西田ひかる、chage、shiho(fride pride)、平井大、南佳考、LE VELVETS、東儀秀樹、古澤巌、大橋純子、山崎育三郎、上原ひろみ、森大輔、井出麻里子、藤澤ノリマサ、majiko、小林幸子、藤井フミヤ、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、加藤ミリヤ、小野リサ、土屋アンナ、沖仁、山下洋輔、Allen hinds    Claude McKnight   etc...

    

80710569_617709332365118_480945307038148